楠原祥子プロフィール

- Shoko Kusuhara Piano School -

楠原 祥子 ( Shoko Kusuhara )

3才半よりピアノを始める。桐朋高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。ワルシャワショパン音楽大学バルバラ・ヘッセ・ブコフスカ教授のクラスで研究課程修了。ベラ・シキピアノ国際コンクール第1位。

 2016年ショパンワルツ集CDをリリース、読売新聞推薦盤になる。『だれもが知っている曲だけに、ショパンのワルツで聴き手を魅了することは難しい。しかし、ポーランドに学んだ楠原祥子のピアノには、日本人ピアニストには珍しい、自在な語り口と確実な説得力がある。』

 日本ショパン協会例会、ショパンフェスティバルin表参道2012、2017、銀座ヤマハホール、ポーランド建国記念式典、クアルテット・エクセルシオ、ニューフィル千葉との共演など、国内各地でリサイタルを開催。ショパン、パデレフスキなどポーランド作品のオーソリティとして高い評価を得ている。

ヨーロッパでは、ポーランドの音楽祭、ショパンの生家、ワルシャワ、グダニスク、ルブリンなどでリサイタル。ショパン国際音楽祭『夏をショパンとともに』には毎年招聘されている。ラジオ・グダニスクでマズルカ録音。2015年ポーランドテレビのインタビュー、2016年ポーランドラジオⅠのショパンコンサート1時間番組に出演。2015年よりタマラ・グラナットとデュオ・グラナットの活動を開始、日本公演も行う。ポーランド人ピアニスト・教授陣との親交も深い。

高柳朗子、有賀和子、林秀光、バルバラ・ヘッセ・ブコフスカ各教授に師事
 
 ピアノレッスンは大学時代から始め、東京藝術大学付属高校、桐朋学園大学音楽学部、同短大、高校、東京音楽大学、武蔵野音楽大学、お茶の水女子大学(音楽)などに合格者を出している。また学生音楽コンクール入選者、千葉音楽コンクール優勝者、ショパン国際コンクール in Asia入賞者多数。

 現在、桐朋学園大学音楽部特任講師、日本ピアノ教育連盟国際部中央運営委員、ピティナ正会員表参道パウゼステーション代表、日本ショパン協会正会員、三善晃ピアノメソードアドバイザー