BLOG

ブログ

日本ピアノ教育連盟

有賀和子先生のご逝去

恩師の1人である有賀和子先生が、5月24日10時、敗血症のためご逝去なさいました。 桐朋学園大学音楽部、同子供のための音楽教室、日本ピアノ教育連盟の創立にも尽力されました。 世界的に活躍するような優秀な生徒も育て、ピアノ界の一つのピラミッドの頂点をなす先生でもありました。 私はもともと有賀先生の妹の高柳朗子...

川口成彦

JPTA国際部便り~ 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール 楠原祥子

9月にワルシャワで開催された、『第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール』。その後も話題です。 日本ピアノ教育連盟の広報誌、2018秋号クラヴィアポストがリリースされ、国際部便りに書かせて頂きました。 優勝者トーマシュ・リッテル、第2位川口成彦さん、その他印象に強く残った演奏について、またモダンピアノとクラ...

ショパン

林秀光記念コンサートももう6回目!

今年でもう第6回目を迎える『林秀光記念コンサート』。9月27日に開催されました。 そもそもは、こういう始まりでした。 林先生の追悼コンサートを開催した時に、全世界全国に散らばる門下生から追悼のお気持ち頂戴し、それを基金としてこのコンサートを発足させたのです。 奥様でソプラノ歌手の安喜子先生のご厚意も頂き、世...

コンクール

10代ヤングエイジピアニストたちの国際コンクール JPTA国際部便り

日本ピアノ教育連盟(JPTA)の会報、2017年春号クラヴィアポストの『国際部便り』です。10代ピアニストのホープ、藤田真央さんと千葉百香さんにご協力頂きました。 藤田くんも百香ちゃんも、ポーランドの音楽祭でともに出演したお仲間です。ティーンエイジャー世代で頑張っている、と~っても頼もしい二人。 二人とも、...

コンクール

ショパンコンクールinAsiaとピアノ教育連盟オーディションの審査をして  楠原祥子

  19日にショパンコンクールinAsia 千葉地区船橋会場1日目、アマチュア、高校生、大学生部門を聴きました。 多美智子大先生のリードでピリッと引締めつつ、マグダレーナ リサック先生と私たち。。根津先生、角野先生、笠原先生などなどで明るく盛り立てて、しかし審査は厳正に!真面目に! 課題曲は、ショ...

Andrzej Jasinski

JPTA国際部便り ワルシャワの秋 第17回ショパン国際コンクール    楠原祥子

黄金色に染まるワルシャワの秋。ショパン国際コンクールは韓国のチョ・ソンジンが栄冠を手にしました。3次予選 で演奏した24の前奏曲を聴いた時、多くの人が彼の優勝を確信したはずです。私もその一人でした。 2位のリチャード・アムランはスモーキーな持ち音で、えもいわれぬような悲しみや失意の深い表現が私たちの心も染め...