BLOG

ブログ

Barbara Hesse-Bukowska

ショパンの魅力!千葉市文化センターアートホール

8月31日(水)千葉市文化振興財団の主催『ショパンの魅力!楠原祥子レクチャーコンサート』!ご来場の皆様、誠にありがとうございます。 スタッフのみなさまの大変にきめ細かい対応を頂いて、おかげさまで無事に終了しました。かなり大量にアンケートが返ってきたそうで、間もなく内容をまとめてお送り下さるそうです。💓ドキド...

concert

モーツァルトのクラリネット協奏曲は・・

ベルリン・フィルデジタルコンサートの会員になっています。カラヤンの時代からアバド、サイモン・ラトル、そして現在のキリル・ペトレンコと、その他活躍中の新旧指揮者やソリストとベルリン・フィルの演奏を聴くのはとても楽しいです!それに現在の世界の音楽界の動きがまるまる見えます。 学生の頃指揮科の伴奏を多く手掛けたお...

concert

信乃介くんv.sももこちゃん、小さな弾き合い会をしました!

二番町スクールの生徒さんたち二人、レッスンが前後の信乃介くん(小4)とももこさん(小3)。 たまたま小学3、4年生の生徒さんが多くいるので、私はある時急に思いついたのです。 そうだわ、みんなに同じ曲を弾かせてみようっ! この発案は、。。。 大変に飛躍的ではありますが、第一次世界大戦後に唯物的な世相を由々しく...

concert

楠原祥子ピアノスクール2020クリスマスコンサート

楠原祥子ピアノスクールの恒例クリスマスコンサートを今年も開催することができました! 冬の季節の到来とともにコロナ感染者がまた急増し始め、不安を感じる中のことですが、多くの方のお力添えを頂いての開催でした。 生徒さんたちの懸命な姿と演奏を聴きながら、音楽を共有するその一体感にひたり、喜びを感じ、そして感慨深い...

concert

それでもベルリン・フィル!

今年のベルリン・フィルの『ヨーロッパコンサート』は、テル・アヴィヴで予定されていたけれども、このコロナウィルス感染対策でも中止。 それに代えて。。。 キリル・ペトレンコ指揮、ベルリン・フィルの室内楽バージョン、コンサートマスターは樫本大進という布陣で、本拠地のベルリン・フィルハーモニーでとても美しい室内楽版...

concert

ショスタコーヴィチピアノ・トリオ第1番を合わせ中!!

ショスタコーヴィチのピアノトリオをずっと弾きたいと思っていました。 ショスタコーヴィチは1906年生まれだから、ストラヴィンスキーの『春の祭典』の初演の頃にはまだ7歳の小学生。新世代??、というのもおかしな話ですが、ムソルグスキー、チャイコフスキーに始まるロシア人作曲家界においては、かなり新世代に属する作曲...