BLOG

ブログ

ショパン

ショパンの命日10月17日 ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会でモーツァルトのレクイエムのコンサート

10月17日はショパンの命日。 1849年パリのヴァンドーム広場に面したアパルトマンの1室で息を引き取りました。 ショパンの葬儀はマドレーヌ寺院で行われ、ショパンの遺志によりモーツァルトのレクイエムで死者を見送ったのでした。 ショパンコンクールの恒例で、10月17日はファイナルの前の空き日で、ショパンの心臓...

コンクール

セミファイナルで聴いたOp.2 ラチ・ダ・レム・ラ・マノ変奏曲!

ショパンコンクールは今日からファイナル。12名のファイナリスト。これから3日間、毎日18時からです。 その前に、セミファイナル3日目最後のセッションで演奏したこの3名はそろってファイナルに進んでいます。 ポーランドのヤクブ・クシュリクJakub・Kuszlik、韓国のヒュク・リーHyuk・Lee、カナダのブ...

コンクール

ショパン国際コンクール女性陣の活躍ぶり

女性陣の演奏も素晴らしいです。 筆頭は、やはり天才少女の前評判通りの演奏だったEwa Gevorgyanエヴァ・ゲヴォルギヤンでしょうか。 長い輝くばかりのストレートヘアを結び、17歳とはにわかには信じられないような、早熟さがみてとれる顔をそのままあらわにして、ドレスはブラック。 只者ではないぞ、と存在感を...

FAZIOLI

ショパンコンクール第1次予選2日目

ワルシャワのフィルハーモニーホール2階センター席の審査員。前列右に海老彰子さんがいらっしゃいます。左となりはフィリップ・ジュジアーノ、その左はジョン・リンクでしょうか?そして左へ、アダム・ハラシェヴィチ、クシシュトフ・ヤブウォンスキ、ケヴィン・ケナーと続きます。 この日は日本人が次々演奏しました。 まず進藤...

コンサート・発表会

第8回林秀光記念コンサート延期!

直前のお知らせではありましたが、9月16日に予定していた林秀光記念コンサートは、昨年に続き再延期となりました。 理由は思いがけず、出演者の関係者にコロナ陽性者が出たためでした。 やむを得ぬ措置ではありましたが、直前の延期の決定であったこともあり、コンサートを主催運営する秀光会の代表という立場からすれば、正直...

ショパン

ショパンワルツのリモートセミナー!

桐朋の卒業生のグループの皆様に『ショパンのワルツ』をテーマにしたリモートセミナーを行いました。 私が小学1年から師事した高柳朗子先生の門下生の会です。この会『ジョイーテ』は非常にきちんと組織されたグループで、会費を徴収して年に2回ずつ研究会と称してミニコンサートや、孫弟子さんたちの発表会、セミナーを開催して...